| |

世代を超えて愛されてきた商品

 

スタンレーには100年を超える歴史があります。

1913年、ウィリアム・スタンレーJr.が真空断熱技術とスチールの頑強さを融合し、発明した一本のボトルは、これまでの「温かい飲み物の楽しみ方」を、一変しました。

今も世界中で愛されている、真空スチールボトルの原型です。

あれから一世紀。

スチール真空ボトルはスタンレーの象徴となり、日常生活に、作業場に、アウトドアに、必要不可欠なアイテムとなりました。

数えきれないほどの冒険に寄り添った、数えきれない思い出があります。

スタンレーは毎日のコーヒータイムやランチタイムを、豊かにしてきました。

時代を超えて愛されるものでありながら現代のニーズに合う商品の開発を続けることが、使命と考えています。

夜明けに飲むコーヒーから、1日の終わりに飲むスピリッツまで。

一杯であなたの一日をより豊かに彩りたいと、スタンレーは願っています。

 

サステナビリティ=未来のために

 

PMI(パシフィック・マーケット・インターナショナル)のブランドであるスタンレーの商品は、全体性を重んじて作られています。

原材料から製造方法まで、スタッフにも、地球にも、地域にも、ユーザーにも、優しく正しくあることを、スタンダードとしています。

シアトル、上海、アムステルダム、マニラにあるPMIのオフィスでは「グリーンオフィスガイド」という、環境への負担を減らすための規則を採用し、リサイクル、廃棄物の堆肥化、エネルギー効率の良い照明の使用などを進めています。

2006年と2008年には、米国商工会議所より「コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ・アワード」を受賞。

環境への配慮、健全な労働環境、社会への影響力などが、高く評価されました。

PMIが2006年に独自開発したeCycle®は、約25%の再生資源を使用した製品ですが、「原材料にリサイクルプラスティックを用いた、リサイクルできる食品容器」を作ったのは、PMIが初めてでした。

PMIのコーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ(企業の社会的責任)について、詳しくはこちら。